ホームページサイトのイメージ作り

web制作を頼む上で、考慮しなければならない点がいくつかあります。
どれだけ技術の高いサイトを作ってもらったとしても、顧客に対する訴求効果がなければ意味がないからです。

まずは、どういった利用者を想定しているか、という点です。
利用者の年齢が高めならば、分かりやすく情報が伝えられているかどうかは重要なポイントです。
あるいは、年齢層が若いのであれば、目に訴えるサイト制作が効果的と言えます。
また、何度も訪問してもらえるようなサイトを目指しているのか、それともデザイン性に凝った造りにするのか、などの点についても考慮する必要があります。

デザインについても、真面目な印象を与えたいのであればシンプルなデザイン、最先端を強調したいのであれば目につくデザイン、など企業のイメージに合わせたサイト制作が必要です。
デザイン性を強調したい場合は、FLASHを使用するかどうかなども関係してきます。
FLASHを使用するなら、サイトの通信速度が若干遅くなる可能性もありますし、携帯端末では表示されない恐れもあります。
そうした点も踏まえて、どういったサイト作りをしてもらいたいか、イメージを描きます。

対象のニーズに合わせたwebサイトをイメージし、それを的確に制作会社に伝えることが重要です。